201x年に家計破綻した40代DINKSが実際の体験をリアルに語る

家計破綻した40代のブログ

2017年家計簿

2017年1月の家計簿を公開します!収支結果はどうだったか?

投稿日:

あっという間に1月が終わり2017年の1/12が過ぎたわけですが...

我が家のように収入が必ずしも固定ではないという家柄であることは、収入とか支出のバランスが、とっても難しいと思っています。

気になる1月の家計簿をまとめます。

スポンサーリンク

2017年1月の家計簿

我が家の基本的な収入は

  • 夫の給料
  • 妻の給料
  • 義母の年金
  • 義母の介護費用還付金
  • 児童手当
  • 就学援助

となっています。

1月の収入は12月末にもらう夫婦だけの給料のみ。

そのため、これだけで生活をしていくことを何よりも意識しないと、更に家計破綻が続くと思っています。

 

2017年1月固定費

予算化している固定費はこちらです。

  • ローン(3件)67,000円
  • 光熱費 20,000円
  • 通信費 45,000円
  • 医療保険 10,000円
  • 車保険 4,000円
  • 子ども費 19,000円
  • 義母補填 1,000円
  • 税金 32,000円
  • 小遣い 30,000円
  • 目的別積立 23,000円

固定費は予算内におさまるように設定していますので足が出ることはあまりありません。

これが今、我が家が行っている最善の予算化の仕組みです。

ただ、固定費がとても高く、削れない部分がありますので、これを早く減らすことを優先し、日々やりくりしていきます。

 

2017年1月やりくり費

1月1日〜31日までのやりくり費の集計は以下の通り。

  • 食費 59,848円
  • 外食費 9,920円
  • 日用品 7,680円
  • 子ども費 9,491円
  • 夫 3,389円
  • 妻 7,521円
  • 医療費 2,500円
  • 衣服費 1,341円
  • 美容費 4,374円
  • その他 6,500円
  • 経費 4,900円

合計 117,464円

予算としてとっておいたお金は

約112,000円でした。

予算の段階ではやりくり生活費として100,000円をとるのですがこれはあくまでも5週間分で計上します。

 

なぜ支出が増えたか?

それは雪が降ったことで子どもの長靴に約7,000円かかってしまったこと。インフルエンザの予防接種2,500円などがありました。

また、子どもが冬休みで家にいる時間が長かったこと、大学に通っている子どもが使う化粧品を買ったことなど、思ったより出費がかさみました。

 

予想外の出費がなければ、通常は完全に黒字でいけているので、フリーランスの仕事を増やしていき、手取り金額を増やすことを検討していきたいと思っています。

 

 

-2017年家計簿

Copyright© 家計破綻した40代のブログ , 2017 AllRights Reserved.