201x年に家計破綻した40代DINKSが実際の体験をリアルに語る

家計破綻した40代のブログ

携帯代

格安SIMにも違約金が発生するということを知ってしまった

投稿日:

ドコモのプランに月々サポートというものが終了してしまい、来月からのスマホ代が7,200円以上になる私…

そこで、ようやく重い腰をあげて比較検討しはじめたのが格安SIM。

しかし、調べていくうちに「格安SIMにも違約金が発生する」ということ。

スポンサーリンク

格安SIMにも違約金があった!

格安SIMですが、どこの会社も通信のみのSIMカードだと違約金は発生しないようです。

しかし、音声通話がついている格安SIMだと、それぞれのモバイル会社さんの規定で違約金が発生するという仕組み。

これは、今あるドコモ、AU、ソフトバンクにはある違約金と同じで、契約した期間から約2年間は継続するということを約束する代わりに割引をするというものの仕組みと全く同じです、

私は格安SIMの場合はそれがないと思っていましたが…世の中そんなに甘くなかったですね。しっかりとそれぞれのモバイル提供会社さんにも違約金が存在しました。

そこで、私が気になっている大手のモバイル会社さんの解約違約金を調べてまとめてみました!

 

格安SIM違約金のまとめ

※すべて税抜き価格

  • UQ-MOBILE 9,500円(25ヶ月)
  • 楽天モバイル 9,800円(12ヶ月)
  • LINEモバイル 9,800円(13ヶ月)
  • エキサイトモバイル 9,500円(13ヶ月&SIM枚数毎)
  • OCNモバイル 8,000円(6ヶ月)
  • BIGLOBEスマホ 8,000円(13ヶ月)
  • mineoスマホ なし(※1)
  • U-MOBILE 3,500〜9,500円(※2)
  • DMMモバイル 9,000円(13ヶ月)
  • イオンモバイル なし(※3)

 

※1 mineoスマホの場合、違約金としては発生しないが、契約翌月から12ヶ月目までに他の音声SIMにMNP持ち出しをすると違約金として11,500円の手数料が発生する!

※2 U-MOBILEの場合、契約した翌月〜6ヶ月目までは9,500円、7〜12ヶ月までは3,500円の違約金が発生する仕組み。

※3 イオンモバイルの場合、契約した日から180日以内のMNP持ち出しに対して手数料が8,000円、181日目以降は3,000円。

 

どこを選べばいいかの見極め

私自身、たくさんの格安SIM会社がありすぎて、なかなか1つに絞り込めないということを感じています。(だって…単純に見るだけでも15社以上ありますもん!選ぶのは困難ですよ〜笑)

そこで、どれを優先するかで決めてみようと思い、違約金発生の有無を調べてみたというわけです。

もし、万が一、何かしらの不都合が起こるとしたら…

通信速度なのかな?

と思いました。

そもそも、解約する前提で契約するわけではないとは思いますが、一定の通信料が確保できないという理由で解約したいと思う人も中にはいると思います。

こういう場合、ご自身が最初に加入しているキャリアと同じ回線を使っている格安スマホ会社を選択するというのはアリかと思います。

私の場合、ドコモなので、使える会社がとても多いです。

AUの方は、UQ-モバイル、mineoスマホになります。

その中で、私はドコモユーザーになるので、違約金という視点でみたときに、OCNモバイルが圧倒的に有利かなと思ってしまったわけです。



OCNモバイルなら音声付きSIMでも半年縛りしかないため、もし失敗したな〜と思ったとしてもすぐに別の格安モバイルに乗り換えができそう〜と思いました。

1回申し込みして2年という縛りだと、かなりキツイので、できれば半年くらいで乗り換えできる場所をはじめに選んでおき、その後、また使いにくいと感じたら会社を変更してみるのはアリかと思います。

まだまだ、格安SIM乗り換えまでの道のりは長いな〜と思いました!

-携帯代
-,

Copyright© 家計破綻した40代のブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.