201x年に家計破綻した40代DINKSが実際の体験をリアルに語る

家計破綻した40代のブログ

家計破綻までの経緯

今更…身の丈にあった生活をすることが最も大切だった

投稿日:

身の丈にあった生活…

今、振り返ると、私達夫婦は、そもそも共働きで正社員という状況でスタートしていました。

でも、収入が減ってしまっていても、なんとかなるな…という安易な考えの元、生活をしてきた感じもあります。

そこで、「身の丈にあった生活」ということについて書いてみます。

スポンサーリンク

年収600万円以上の生活

我が家は、そもそも結婚当初、20代のころは正社員で2人共働きしており、職場も準公務員という感じのところに勤めていたことで手取りはそこそこ良い方だったんじゃないかと思います。そのためボーナスを合わせれば田舎ではありますが、夫婦2人だけで600万円以上あったんですよね。

またそこに主人の両親がいて、年金を貰っていたわけですが、そのため家計所得としては約900万円以上あったんじゃないかなと思います。

でも、それが突然、義父が他界し、義母が認知症になり、夫婦の貰ってくる給料だけで家全部にかかる生活費はもちろんのこと、交際費までもやりくりをしなければならない状態になりました。

ところが、600万円の年収だった私たちは、それでもお金の危機を肌で感じることはなく、預貯金を食いつぶしていました。

 

いきなりの主人の退職

私が準公務員を退職したのは、義父がまだ元気なとき。

同じ職場にいたので、主人がいつか上司になったとき、私がいると妨げになると思っていたからです。当時の上司にはかなり止められましたが、私は当時は子どもの面倒を自分でみたい!という欲望と、自分で自営業をして独り立ちしたいと思っていたので、すぐに退職しました。

そして、私がやめて、数年後、主人が仕事の移動で少しうつ状態になり、そのまま退職。

その時に私達の年収600万円は一気に崩れ、2人合わせても300万円台になりました。

年収が減っていますので、当然ながら預貯金を徐々に食いつぶす状態です。そのため、親が今まで負担していた親戚の交際費がとても痛かったのを覚えています。

親戚のお葬式になれば、香典5万、贈葬品5万ということは当たり前ですし、主人のいとこの結婚式ともなれば2人でお呼ばれすることになると最低でも10万円、中には20万円の祝儀が出ていったことがありました。

いつの年だったか、葬式、結婚式などがかさなり、1年で100万円近い交際費が出ていきました。

もちろん、普段の生活はなんとか二人の働きでなんとかなりますが、この交際費だけは毎月の収入だけで賄えるものではなかったのです。

今、思うと、その時にしっかりと管理をしていれば…と思ってしまいます。

交際費がかさむということが生活をこんなにも圧迫するとは思っていませんでした。

 

身の丈にあった生活になろう

今、家計破綻してみて感じるのは「年収に見合う生活をしなければいけない」ということ。

現在は主人の給料は手取りで170万円です。その他に私が稼ぐお金、農家の収入を合わせても400万円台です。

生活費ですが、現在は5週間で食費+日用品を約100,000円で予算化しております。それでも食費は最低でも70,000〜80,000円くらいかかります。

それは主人が農家という仕事をしている関係で普通の人よりも食べる量がとても多いです。おそらくここは一般家庭とは比べられない部分なんだと思います。

一般のご家庭と比べやすいように一例をあげますが、鳥のからあげを作るとき、基本的にとりもも肉を4枚〜5枚揚げます。1人1枚という換算で揚げますが…主人がお腹を好かせているとそれがあっという間になくなります。

また子どもたちがまだまだ食べる盛ですからおかずをケチるということがどうしてもできないのです。

私は一時期、家計節約という関連の主婦向け雑誌をみて3万円の食費〜と驚いたことがありましたが、それはどんなに頑張っても無理でした。

つまり、食費に関してはそのご家庭の状況があるはずなので削れない金額だと思っています。我が家は夫婦2人、大学生1人、小学生1人という4人家族ですがこれくらいはかかっています。

でも、これは1日2,000円という金額で3食と思えば普通なのかな?とも思えます。

ただ、身の丈にあった生活って他に削れる部分があるんだと思いました。そ

それが車とかじゃないかと思います。我が家は、破綻する前、ミニバンを所有していました。ガソリン代月15,000円、自動車税年39,500円、車検代2年に1回150,000円です。

車がないとどこにも行けない田舎に住んでいるため車だけは離せないものです。それを今回、家計破綻したことで軽自動車に乗り換えしました。

主人の年収では通常のローンが通りませんからリース契約しました。中古で買えるものをと思っていましたが何よりも子ども2人が大学に入学するときでまとまって支払いできるお金がありませんでした。

そこで、色々調べて少々割高ではありますが、やむおえずリースと言う形にしました。車検代もリース費用込みなので支払いはこれ以上ありません。

我が家にとっては余計な出費がないほうが家計管理がとても楽だと思ったのでこの形にしています。

しかし、リースはあくまでも借金と同じですからその点はお間違えないようにしてください。

 

今やるべきことは節約ではなく稼ぐこと

我が家の今の状態。おそらく一番最低ラインにいると思います。

我が家の家計が破綻した最終的な要因は、夫婦でお金の話し合いを持たずにきたこと。

将来のためにお金を貯める必要性を全く知らずにいたことが要因です。

でも、節約はこれ以上無理というところにあると思っています。

となると、やはり夫婦で今よりも収入を増やす手段を考えねばならないということになると思っています。

ただ、田舎なのでアルバイトなどなかなか見つかりませんから、今は内職などを探しています。

主人もバイトを探すとずっと言っていますが…なかなか実現ができていません。

そのあたりも夫婦でしっかりと話し合いしていかねばなりません。

なんてたって手取り170万って職場なのですからね。今更、もうすぐ50歳という年齢の人が別の会社に転職しても手取りはさほど増えないと思いますし…

今、空いた時間を使いなんとかできる方法を探すことに専念して欲しいと思います。

-家計破綻までの経緯

Copyright© 家計破綻した40代のブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.