201x年に家計破綻した40代DINKSが実際の体験をリアルに語る

家計破綻した40代のブログ

当ブログについて

管理人プロフィール

更新日:

当ブログへアクセスしていただきありがとうございますm(_ _)m

私は、管理人の眠子(ねこ)と申します。

昭和47年、西暦にすると1972年生まれ。

もう解散してしまいましたが、SMAPの中居正広くん、木村拓哉くんと同い年です。ちなみに、マツコ・デラックスも同い年です。

 

私達夫婦は、20代の頃出会い、デキ婚で結婚しました。

そして、主人の父が亡くなったとき、主人が職場を辞めて農家を継ぐという形を取りました。

ただ専業農家という形だけで食べていくだけの土地はないので、勤めながら農家もやるという兼業農家の形です。

現在、農家の方は、有志で何人か集まり、農事組合法人というものを設立し、その役員になっています。

ところが…

ある時、農事組合で働くという選択をし、現在は農家の作業をしてお金を稼いでいます。

1年12ヶ月ある中で、ほぼ休みなく8ヶ月間仕事をしていますが、年収は200万円以下。もちろんボーナスは出ません。

でも、主人の毎月もらう給料だけでは生活することができないので、私はパート勤務という形でフルタイム勤務をしています。

私も、ボーナスはありません。でも、稼働日数によって手取りは異なりますが200万円以上稼ぐことはできないです。

 

 

このブログに書いています、家計破綻…

他人事ではありません。

色々なことが重なり、なぜこうなった?ということを語ることよりも、今は、同じような収入形態のご家庭に家計破綻してほしくない思いで書いています。

 

我が家の家族状況…

子どもが3人います。

でも、残念ながら家計破綻をしています。

これ以上、収入を増やすということも考えねばなりません。

現在、子ども2人は大学に通っていますが、2人共、奨学金を借りています。

また義務教育を受けている子どもも学費の援助(就学援助)を受けています。

そして、我が家の年収…夫婦の手取りで330万円くらいです。

 

本来は主人がもう少しいい手取りのところに転職という形が好ましいですが…

年齢的に50歳目前。

田舎に住んでいると…今よりも給料をたくさん貰える職場に巡り会える可能性は0に近いです。

そんな中、私はできるだけ多くの方に、子どもにかかるお金で家計破綻をしてほしくありません。

 

これをご覧になっている同じくらいの年収の方にはじめに伝えたいのは…

 

子どもが大きくなるということは…想像以上にお金がかかる時代であるということを忘れないで欲しいのです。

私が言うのもなんですが…

お金を貯めるなら小学校6年生までです。

できればお子さん1人に300万円くらいは欲しいのが本音ですが…

我が家のように手取りが少ない…というご家庭の場合、貯められないかもしれません。

 

そこで、子どもが育っていく段階でどれくらいのお金がかかるか?

農家というものの支出がどれくらいなのか?

交際費にどのくらいお金がでていくのか?

など

主婦向けの雑誌などには一切書かれていないことをまとめておきます。

参考になることが1つでもあれば、お持ち帰りしていただき、役立ててください。

 

管理人 眠子

 

-当ブログについて
-,

Copyright© 家計破綻した40代のブログ , 2017 AllRights Reserved.