201x年に家計破綻した40代DINKSが実際の体験をリアルに語る

家計破綻した40代のブログ

社会保障制度

20歳になった大学生は国民年金に加入しなければならないのか?

投稿日:

我が家、子どもが2人大学生になりました。

上の子が20歳の誕生日を迎えるときでした。日本年金機構から手紙がきて、年金に加入したので保険料を払ってください!という内容でした。

こういう場合、どういう手続をすればいいのかについて調べたこと、実際にやった手続きをまとめます。

スポンサーリンク

大学生は国民年金に加入すべき?

まず、先に結論から書くと、国民年金の加入は義務なので、絶対に加入をしなければなりません。

加入するということは、国民年金保険料を支払うことになります。

ところが、その当時の我が家は、私自身の収入が0円となり、教育費の使いすぎもあり完全に家計破綻している状態でした。

そんな状態であるため、子どもの国民年金を払ってあげられる余裕はありません。

そこで、やったのが「国民年金学生納付特例申請」というものです。

 

国民年金学生納付特例措置とは?

この国民年金というものは、実は免除申請をすることができる仕組みになっています。

免除申請できる対象者は「一定の基準に該当する学生」のことです。

この一定の基準に該当する学生という部分がとても気になるところですよね?

実は、多くの大学生がアルバイトをしています。

このバイトの収入が大きく超えることがなければ、国民年金学生納付特例措置が使えます。

収入の目安となるのは、年収118万円+扶養人数✕38万円という図式があります。

一般的には、年間の収入118万円を超えなければ国民年金の学生納付特例を申請することができると考えてください。

 

扶養人数とは?学生で扶養がいることは考えにくいですが…中には、親御さんを扶養にしている学生さんもいるということで、この図式となっています。

この図式ですが、大学生って、中には結婚している人もいて、配偶者を扶養しているとか、お子さんもいて扶養しているというときにカウントされる人数です。

もし、独身の方なら、年118万円の収入となると、税引前の収入が月98,300円くらいと思っておくといいと思います。

 

国民年金学生納付申請のやり方

国民年金ですが、20歳の誕生日を迎えるときに、住民票がある市町村から手紙が来ます。誕生日月の翌月から国民年金保険料の納付義務が発生します。

納付書が送られてきますので、払える方はこの納付書を使って納めます。

もし、学生給付特例を使う場合には、その手紙が来たら早めに市町村役場へいき、特例納付申請をしてください。

申請をしないうちは、国民年金未納付という状態のままとなり、色々面倒な手続きなどがある場合もあります。

申請自体はとても簡単です。ただし、必要書類があり、学生の場合の申請には「学生証のコピー」が必須ですから、親御さんが手続きに行くときは、忘れずに持っていきましょう。

ちなみに、LINEで学生証の写メをもらっておりましたが、写メを見せるだけでは証明にならないと言われ、印刷をしにコンビニに出向きました。

そのため、できれば原本のコピーを1部、手元にもっておくことをオススメします。

もう一回、書きますが、この学生給付特例という制度は、自分または家族が申請をしないと特例を受けることができないものです。

申請をすればほぼ100%通るものなので、ぜひ忘れずに手続きをしましょう!

 

2年目からは申請ハガキのみでOK

大学生であれば、学生である期間は、手続きする申請書が送付されてきます。

基本的にハガキなので、記入して、目隠しシールを貼って出すだけなので簡単です。

 

 

-社会保障制度
-, ,

Copyright© 家計破綻した40代のブログ , 2019 All Rights Reserved.