201x年に家計破綻した40代DINKSが実際の体験をリアルに語る

家計破綻した40代のブログ

家計再建

JA出資金を解約しました/お金が返金されるまでの手続きと振込日についていつお金が振込されるのか?

投稿日:

家計再建をする目的で、主人の親が残してくれたもので、お金に変えられるもの。その中に合ったのがJA出資金です。

スポンサーリンク

でも、JA出資金を解約するということはそう簡単にいかないということがわかりました。そこで、どういう流れで出資金を戻してもらえるのか?お金はいつになったら振込されるのか?

我が家が体験したことをまとめます。

 

JA出資金の解約について

JAという組織について知らない…ということは、ないかと思います。

特に、農家をしている人にとってはJAの組合員になっているはずなので、必ず出資金を払っているかと思います。

出資金がいくらになっているか…

これは、加入しているJAに聞くしかないので、必ず問い合わせてみてください。

ちなみに、毎年1回、出資総会というものが開催されます。それが終わると、出資している金額に応じて出資配当というものが入ります。

その通知が総会の行われた翌月あたりにくるかと思いますので、そのときに出資している金額を確認することができることがあります。

それはJA毎に異なるものなので、必ず加入しているJAに確認をしたほうがはっきりとした金額を知ることができます。

 

解約までの流れ

  1. JAに出資金の解約の申し出をする
  2. 申し込み締め切りまでに書類を出す
  3. 出資総会を待つ
  4. 出資総会で出資解約が承認される
  5. JA毎に決めた日に解約したお金が振込される

という感じです。

ちなみに…

我が家の時系列でもう一回書きます。

  1. JAに出資金の解約の申し出をする(8月)
  2. 申し込み締め切りまでに書類を出す(11月末)
  3. 出資総会を待つ
  4. 出資総会で出資解約が承認される(翌年3月末)
  5. JA毎に決めた日に解約したお金が振込される(翌年4月半ば)

このような形で出資金の解約をしました。

出資金が振込されたという通知はすぐには届きませんので、早く確認したい!ということなら、通帳の記帳をすると確認できます。

ちなみに、JA総会が終わるまでは絶対に出資金は返金されません。

この出資金返金ですが、JA毎に規定があるようで、我が家が加入しているJAの場合はすぐ振込されましたが、すぐ振込とはならないJAもあるかもしれないので、加入しているJAに確認するのがいいと思います。

 

組合員を続ける手続き

もし、JAに通帳などがあるという場合、農作物を出す、JA共済を利用するということがある場合、組合員でないと利用ができないものがあります。

そんなとき、一旦、出資を全額解約して、再度、出資をするということで、組合員でい続けることができます。

ちなみに、JAの組合員には2種類あります。

  • 正組合員
  • 准組合員

というものです。

昔、農家をしており、農地がありその農地をJAを通じて別の農家に委託に出しているという場合、正組合員となっていなければなりません。

この正組合員になるためには最低出資というものがJAの規定で決められていますので、その最低金額を再出資することで、組合員の資格を得ることができます。

ちなみに、農家ではない一般の方は准組合員にしかなれません。

我が家の場合は、正組合員とならねばならない立場なので、最低出資金額を再度、出資することになります。

 

 

 

 

 

-家計再建
-, , ,

Copyright© 家計破綻した40代のブログ , 2019 All Rights Reserved.