201x年に家計破綻した40代DINKSが実際の体験をリアルに語る

家計破綻した40代のブログ

お金の勉強

2017年3月の家計簿/今月から旦那さんの給料が少しアップ!

投稿日:

2017年も4半期が終わりました。

そのため、なんだか時間ってあっという間に過ぎていくな〜と感じています。

 

4月に入り、ようやく3月分の家計簿を締めることができましたので、収支についてまとめます。

スポンサーリンク

2017年3月の家計簿

今月の収入は

  • 夫の給料
  • 妻の収入
  • 就学援助
  • 会社臨時収入

となっています。

 

 

2017年3月固定費

予算化している固定費はこちらです。

  • ローン(3件)67,000円
  • 光熱費 20,000円
  • 通信費 45,000円
  • 医療保険 10,000円
  • 車保険 4,000円
  • 子ども費 19,000円
  • 義母補填 1,000円
  • 税金 32,000円
  • 小遣い 30,000円
  • 目的別積立 23,000円
  • 定期積金 10,000円

固定費は予算内におさまるように設定していますので足が出ることはあまりありません。

これが今、我が家が行っている最善の予算化の仕組みです。

ただ、固定費がとても高く、削れない部分がありますので、これを早く減らすことを優先し、日々やりくりしていきます。

 

2017年3月やりくり費

3月1日〜31日までのやりくり費の集計は以下の通り。

  • 食費(外食費込み) 82,751円
  • 日用品 6,774円
  • 子ども費 17,881円
  • 夫 4,842円
  • 妻 9,000円
  • 医療費 1,950円
  • 衣服費 13,200円
  • 美容費 4,860円
  • その他 20,193円
  • 経費 6,000円

合計 167,451円

予算としてとっておいたお金は約105,000円でしたが、子どものために買った服、靴、内履きまどがかさみ、思ったよりも予算をオーバーしてしまいました。

また、食費も春休みが重なったことで大幅に崩れてしまい…反省すべき点となりました。

なんか、食費に関しては1日1,000円ルールなどを適用して頑張らねばなりませんね。

 

 

旦那さんの給料がアップした!

以前から交渉していた旦那さんの給料。

やっと年収240万円という交渉が届きました。

その補填分として、10万円を臨時ボーナスとしていただくことができました。

その10万円、これを使って下の子を連れて、上の子のところへ2年ぶりに行ってきました。

また、家計費の中に美容関連の支出がありましたが、2年ぶりに親子で美容院にも行くことができました。

そして、上の子がちょうど免許更新で帰ってきますので、そのときにスマホの名義変更を行い、私は格安スマホに変える予定です。

格安SIMに変えると、月々の支払いが約4,000〜5,000円は下がるので年間50,000円くらいは浮きますよね。

こういう形で、目に見える固定費をすべて減らしていくことが私達の今の課題となっています。

 

-お金の勉強

Copyright© 家計破綻した40代のブログ , 2019 All Rights Reserved.