201x年に家計破綻した40代DINKSが実際の体験をリアルに語る

家計破綻した40代のブログ

携帯代

携帯代金を年間62,400円節約するまでに私がやった手続きのまとめ

投稿日:

ずっと節約しなければ…と思いつつも、更新手数料9,500円の支払いが引っかかっていました。

そんなとき、1枚の更新手続きのハガキがドコモからやってきてようやく自分のスマホ代(携帯代金)を格安SIMにすることができました。

 

ドコモからLINEモバイルへ

ドコモから更新手続きのハガキがやってきたのが更新月の1ヶ月前。

有効期限が約2ヶ月間あって、その間にMNP予約番号を取り出してLINEモバイルへ乗り換えすると更新手数料9,500円はかからないというものでした。

そこで、早速LINEモバイルへ申し込みをしました。

LINEモバイル

※キャリア携帯から携帯番号をそのまま持ち出しするときには、MNP予約番号は必須なので、事前に持ち出しておくといいです。

あと、ドコモの場合はLINEモバイルへ申し込みしてSIMカードが届けばすぐに開通できるのですが、auスマホの場合、使用機種によってはIMEI番号が解除できずLINEモバイルへ移行できないことがありますので、事前に確認しておくことが大切です。

格安スマホ開通までの流れ

  1. 携帯更新月がいつかを調べる
  2. 乗り換える携帯会社を決める
  3. MNP予約番号を取る
  4. LINEモバイルへ申し込みする
  5. SIMカードが届く
  6. 同梱されているガイドに従って開通手続きをする

※開通手続きをしたのに開通しない…という場合、何かしらの手続きを1個やっていないことがあります。必ず取扱説明書の通りに進めていきましょう!

 

いくら安くなったのか?

私の場合、ドコモの料金は平均して6,700〜7,000円というもの。年間80,400〜84,000円のスマホ代を支払っていました。

それがLINEモバイルへ移行してみてびっくり!月1,690円〜1,800円という値段で使えるではないですか!!!

いつでも電話というアプリを使っていますので、電話を使うと多少は高くなるのですが、それでも2,000円を超えることはありません。

単純計算で62,400円は安くなったというわけです。

ただ、これを考えても携帯更新月じゃなくても、思いついた段階で乗り換えすることでその分だけ安くなるので、私としてはすぐにやってしまえばよかったな…と思いました。

1年も放置していると新しいスマホが買えるくらい携帯会社に支払いしていたということになるので。

 

スマホ2台でいくら安くなる?

我が家には携帯、スマホ合わせて3台ありますが、そのうち2台をLINEモバイルへ乗り換えしました。

1台は子供が使うので容量が7GBにしており、万が一足りなくなったときは私の持っているGBを分けるということにしています。

今まで2台のスマホ代金で14,000円だったものが、2台で5,000円以下になったのです。単純計算で108,000円も節約できたわけです。

もう1台、ガラケーがあるのですが、これは旦那のもので、なかなか格安携帯の中身を理解してもらえないようで…

このガラケーの乗り換えまでには時間がかかりそうです…(7,000円ほど払っていますのでできれば早く乗り換えてほしいと思うのですが…)

 

 

-携帯代

Copyright© 家計破綻した40代のブログ , 2019 All Rights Reserved.